ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

近視の人間が老眼になっても視力は戻らない!老眼で快適に過ごすたった1つの方法!

f:id:higeshige:20190323005858j:plain

近眼の人が老眼になったら視力がもとに戻るのでは?

昔はそんな風に本気で思っていたのですが、まぁそんなことはありませんでした。笑

 

一般的に老眼は40代ごろから現れると言います。例に漏れず僕も。

 

もともと"ど近眼"のところに老眼になって、これがくそ面倒くさいんです。

 

ではどうなってしまうのか。僕の視力の状態を説明すればわかってもらえるはずです。

 

 

メガネなしでは生きていけない"ど近眼"

僕は中学1年からメガネです。もう30年以上経つんですね。

 

視力が落ち着くことはなく、どんどん悪化してきました。

 

途中、サラリーマンになって何年かはコンタクトにしていましたがこのとき一気に悪化したような気がします。眼科にも行って角膜がひどい状態だと言われて、以来怖くなってメガネに戻しています。

 

視力は0.01ありません

 

視力検査の「C」の1番大きいやつが分からないレベル。

 

"ど近眼"です。

 

メガネをしていないと基本的に日常生活を送れません。

 

もしメガネを定位置じゃないところに置いてしまったら大変。暗闇でものを探すようなものです。

 

メガネさえしてしまえば普通に生活できたのに、、、かつては。

 

近くのものが見えにくくなる老眼

40歳ちょっと手前で、もっと近くで見たいんだけど近づけるとピントが合わなくて見にくい、ということが起きるようになりました。

 

近視ではない人が老眼になると、見ているものを離せばピントが合うようになります。近視でメガネをしていても同じです。

 

離した結果どんなことが起きるかというとピントは合うけど、

  • 見ている文字や物が小さくなる
  • (小さくなるので)作業がしにくくなる

 

これが初めは老眼だとは思わないんですけどね。

 

横になったとき両ひじをついてスマホを見ることってありませんか?

 

この姿勢、スマホと目の距離が自然と決まります。するとピントが合わないので、スマホを遠ざけると今度は操作がしにくくなってしまうんです。面倒くさい。

 

しばらく続いた後に「これが老眼なのか」と気づくんです。

 

この見にくさはメガネを外すことで解決します。

 

近視の人間が老眼になったらどうなるの?

近視ではない人は老眼鏡をかければ近くが見られるようになります。

 

近視の人はメガネを外せばぐっと対象物を近づけて見ることができるのです

 

結果は、

  • 見ている文字や物が大きくなる
  • 作業がやりやすくなる

 

僕の視力だとメガネをしていると大体30センチ離して見えていたものが、メガネを外すと15センチまで寄せることができます。

 

老眼対策
  • 正視の人  裸眼→老眼鏡
  • 近視の人  メガネ→裸眼

 

どちらにしても小さいものを見たりする時にメガネをつけたり外したりしなければならないので本当に面倒くさい!

 

ほかの老眼対策しますか?

メガネのつけ外しが面倒なら他にこんな老眼対策があります。

 

遠近両用メガネ

実は作りに行ったことがあります。

 

レンズの下側が老眼用に屈折率の違うレンズになっているんですよね。

近くのものを見たいときは視線を落として下側のレンズを使って見ます。

 

でもこの時は、

  • すごく良くなる感じではなかった(ふーんという感じ)
  • 昔おばあちゃんがしてたので歳を感じてしまった
  • 小さなものは下のレンズで見る動きに慣れるか不安があった
  • レンズ代が5000円プラスになる(JINS)
  • お店の人が不思議と勧めてこなかったのが気になった

というので遠近両用はやめて普通のを作って帰りました。

 

レーシック

角膜の表面をペロッと剥がして、角膜にレーザーを当てて削るのです。それでピントを合わせる手術。かなり有名ですよね。

 

妻が10年ほど前、近視を直すのにやってました。こんなことよくできると思います。

 

老眼に対応したレーシックもあるんです。

でも慣れれば大丈夫と書いてある眼科のサイトもあれば、イマイチだと書いてあるサイトもあって、これはいまやらない方が絶対いい。怖すぎます。

 

参考:老眼治療|モノビジョンレーシック|レーシックのみなとみらいアイクリニック

参考:レーシック後の近視の戻りと老眼|最新鋭のレーシック・白内障・多焦点眼内レンズ(老眼)手術は、東京上野の吉野眼科クリニック/レーシックセンター

 

眼内レンズ

レーザーで細かく分割した水晶体を全て吸い取って代わりにレンズを挿入するという手術。

 

ピントの調節能力はレンズにはないので視力は固定されます。遠くが見やすくなる代わりに近くが見にくくなって老眼鏡というパターンのようです。

 

今すぐにここまでする必要はないかなぁという感じ。

 

参考:老眼治療|多焦点眼内レンズ|レーシックのみなとみらいアイクリニック

 

老眼で快適に過ごすたった1つの方法!

今の僕には、近くを見るときにはメガネを外す、という選択が快適に過ごす最適な方法です。

 

完全に外すのではなくて、頭にサッとのせられるとベターですね。

 

何しろ僕の今のメガネフレームがチタン合金でばね性があってグニャグニャ曲げることのできるものなのでサッと上げられないんです。戻すのもやりにくいし。

 

まぁもともとそんなことは想定されてないはずで、これはこれでデザインがかっこよくて超軽量で気に入ってます。

 

参考:ZEG-101 LGR|メガネフレーム|眼鏡市場(メガネ・めがね)

 

ただ老眼になってしまってちょっと使い方が変わってきてしまったということなのです。。。悲しい。。。

 

さいごに

40歳を過ぎてから色々と生活しにくくなってきているのが、おじいちゃんに近づいているようで本当に嫌になりますね。

 

今回あげた手術はいまいちなので、再生医療で目を再生できるような時代があと10年くらいで来てくれたらうれしいのに。老眼は歳をとれば誰もが必ずなるんですからね。