雑記ブログをやってみる-ひげしげノート

雑記ブログです。日記的なもの、興味のあるもの、買ったもののレビューとか書いたり書かなかったり。

めまいで病院に行き検査を実施。トラブルを乗り越え無事終了。

f:id:higeshige:20181113010901j:plain

こんなことは今までなかったのですが、ここ3〜4日めまいがします。

 

頭の左側を下にして横になろうとすると目の前がぐるぐる回りだして怖い怖い。そして気持ち悪い。

 

やばいっ!と思ってすぐに頭の向きを変えるとパッと症状がなくなります。

 

最初はもう死ぬのかと思っていましたが、向きを変えると治るので大丈夫な気がして病院も行かずにいました。

 

じつは以前、義父がめまいを放っておいたら突発性難聴になって片方の耳が聴こえなくなってしまったことがあってそれを妻に言われて思い出しました。

 

そんなこともあって悪化してからじゃ遅いよと心配されて妻の運転で耳鼻科へ行くことに。

 

診断結果は「頭位めまい症」だろうということでした。

 

頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症と言うようですね。調べると、

特定の頭位をとることによってめまいが誘発される病気のこと

 

耳石とは耳の奥にある重力を感知する前庭(耳石器)という場所にある、小さな砂粒のようなカルシウム結晶です。この耳石が外傷など何らかの理由で剥がれ落ち、それが半規管に入り込み、動くことで、半規管を刺激してめまいが起きます。

耳鼻科の先生も同じようなことを説明してくれてました。

 

こちらのサイトを参考にさせて頂いてます。

病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト | メディカルノート

 

検査の種類

検査は主に、眼振の検査(目の動きの検査)と聴力検査です。具体的には、特殊なゴーグルをかけて、実際に寝た状態で首を回して、めまいの症状が出るかを調べます。また、BPPVでは難聴になることはあまりないので、陰性所見(BPPVでは認められない所見)として聴力の検査を行うこともあります。

まさにここに書かれている通りの検査をやりました。眼振の検査と聴力検査です。

 

実際の検査でトラブル発生 

眼振の検査

椅子の背もたれが倒されて何もみえない真っ暗のゴーグルをかけて、と言っても頭に固定するのではなくて先生が手でゴーグルを顔に押し当てる状態なんですが、そこでまず「目を左右に動かしてください」と指示されます。

 

これができません。

 

なぜなら、ゴーグルの端っこが左の目尻に刺さっているから。笑

 

f:id:higeshige:20181113000908p:plain

目を動かすと目玉に微妙に触れて痛い。

 

先生「目をつぶらないでくださーい」

ひげしげ「・・・」(刺さっても頑張ってやってみるがつぶってしまう)

先生「あれ?目をつぶらないでくださーい」(聞こえてねーのかくらいの勢い)

ひげしげ「あの、ここが目に刺さって痛くてですね」(強め)

先生「うわあーーー!ごめんなさい!!」

 

先生、わかってくれてありがとう。

 

ゴーグルが小さすぎて両目の幅ギリギリでした。あれはSサイズだな。LLも用意しておいてもらわないと困りますよ。顔デカい人だっているんですから。

 

その後、先生と看護師さんに支えられながら顔を横にして倒され、起こされ、顔の向きを変えて倒され、起こされを何回か繰り返しました。結構ハード。ちょっと気持ち悪くなってしまったくらいです。先生もハーハー言っちゃって大変そうでした。

 

聴力検査

ちょっと気持ち悪いまま、聴力検査へ。

 

あの完全に外の音が遮断された個室。1人音楽教室みたいな感じです。これから小さな音を聞き取らないといけないと思うと自分の息づかいも邪魔に思えて、抑えながら息をするんですけどなんか2倍くらい苦しい。

 

さてヘッドホンをして聞こえてくる音を捕らえます。3種類くらいの音で小さい音から大きい音までピーっと鳴って、次は片耳はザーと言う雑音が入りながらの繰り返しで聞き取り。

 

10分くらいやるんです。

 

ちょっと長い。

 

2、3回、ふーっと一瞬意識が遠のく。ダメだダメだと姿勢を直したりして。

 

目の前がガラス張りで、始めのうちは看護師さんが機械をいじっていたので抑止力としてとても良かったんですが、途中からいなくなってしまった。

 

抑止力のないマズイ状態に。

 

最後の最後で、寝てしまいましたとさ

 

 

扉がぐぅわあっ!と開いてやべっ!と目が覚める。

 

病院で寝てしまうなんて人生初!

 

検査結果

お楽しみの聴力の検査結果は、「問題なし」でした。

ということは、寝てしまった時にはすでに検査は終わっていたのかもしれません。

 

怒られなくてよかった。

 

それで結果、頭位めまい症だろうということで薬をもらって様子をみることになりました。

 

もう一つの分かったことは、

”どこでも寝られる人は聴力検査の音でも子守歌になってしまう”

でした。

 

ちなみに僕はこんな人間です。

www.hs-note.com

 

さいごに

皆さんも睡魔には気を付けてくださいね。

 

冗談はこれくらいにして。

 

めまいにもいろいろな種類があるようです。

突発性難聴やメニエール病なども考えられます。また手足の麻痺、感覚障害、意識障害などを伴う場合は脳出血などを起こしている可能性もあるそうです。

僕が言うのもなんですが早めの受診をお勧めします。

 

では!