雑記ブログをやってみる-ひげしげノート

雑記ブログです。日記的なもの、興味のあるもの、買ったもののレビューとか書いたり書かなかったり。

偏平足は本当に疲れやすい!治し方を調べてみた。

f:id:higeshige:20181018012441j:plain

扁平足のひげしげは実に疲れやすいのです。

 

家族でちょっとショッピングに出掛けただけでも、すぐに一人疲れてしまって表情も悪くなる。

 

家族で温泉に行っても日頃の疲れを取る前に、そこに行くまでに溜まった疲れを取るのに必死です。なので遠出が好きじゃない。。。

 

その疲れはどんな感覚かというと、まず靴で覆われている部分が鉄のように重い感じ。さらに、ふくらはぎの筋肉を使いまくってパンパンに膨れ上がったような感覚。次第に太ももからお尻の筋肉にも広がっていきます。

 

そして全身の疲労感。

 

扁平足が原因でなっているのかわからないですが、下半身からの疲労がすごいです。

 

もう40年以上付き合ってきた扁平足なので、こういうものなんだと思ってきました。でも症状が良化するならそれに越したことはない!

 

という事で扁平足とはどんなことで起きているのか、対処法はあるのかについて調べてみました。何かやってみようかな~。

扁平足とは

扁平足は、「土踏まずがなくて足の裏がのっぺりと平らな状態」で「足の骨がアーチ状になっていない」ことで起きている現象です。

 

通常は足の骨がアーチ状になっていて、接地する際の衝撃を吸収するバネの役割をしているわけです。扁平足はこのバネがないので、足が疲れやすく、痛みを伴う場合もあるそうです。

 

初めて知ったこと①

このアーチは足の内側と外側に縦に2本と足の甲に横に1本の計3本あります。

f:id:higeshige:20181017235918j:plain

f:id:higeshige:20181017235920j:plain

f:id:higeshige:20181017235922j:plain

 

初めて知ったこと②

土踏まずのところをアーチを作ろうとして無理に押してもダメ。かかと周りの関節が崩れて起きている現象なのでここを修正してあげることが大事なんだそうです。

偏平足は、ただ単に土踏まずが崩れてしまっている状態だと思われがちですが、本当は違います。

偏平足の場合、かかと周りの関節群が崩れること(オーバープロネーション(過剰回内))で、本来アーチ状の空間を作るはずの土踏まず部分が著しく低下し、足の裏が平らに近い状態になってしまいます。

引用元:https://www.superfeet-jp.com/case-study/flat-foot

 

足の骨が赤の矢印で書いたように崩れているということなんだと思います。

f:id:higeshige:20181018001636j:plain

 

扁平足を治す方法

扁平足が治って疲れにくくなることがあるなら最高です。

足裏の筋肉を鍛える方法

みつけました!

style.nikkei.com

 

3ページ目に具体的なやり方が書いてあります。

扁平足を改善する「足裏エクササイズ」は、足指5本をしっかり使ってタオルを「握る」「持ち上げる」「離す」という3動作を行うだけ。とってもシンプルですが、舟状骨を引き上げる筋肉をまんべんなく鍛えることができます。

「握る」「持ち上げる」「離す」の動作を5秒ずつキープ。これを左右の足で10回ずつ3セット。2週間続けると効果が実感できるそうですよ!!

 

扁平足は関節が崩れて起きている現象ということだったので筋肉を鍛えて関節をしっかり支えてあげられるようにするわけですね。なるほど。

 

これはちょっと本気でやってみるかな。

 

インソールを使用する方法

まあ色んな扁平足対策のインソールがあるんですね~。びっくりしました。

土踏まずのところが出っ張っていてアーチを支えるものが多いです。筋肉を鍛えるものではなさそう。筋肉も鍛えますと謳っているものもありましたが納得のいくものではなかったので、イマイチ・・・。

 

口コミはどれもいいんですよ?

履いている時は最高みたいです。

強制的にアーチを作ってくれるから。

 

根本的な改善にはなってないような感じがしました。ひげしげはやってないからわからないですよ。

 

一時的な改善でも欲しいのは欲しいです。すがりたくなるくらい疲れますから。 

 

まとめ

まずは2週間頑張ってお金かけずにやってみます!

かなり半信半疑ではありますが。。。

 

では!