ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

子供のスマホ利用をiPhoneの設定で制限可能!スクリーンタイム機能がすごい!

f:id:higeshige:20190303041435j:plain

iPhone(iOS12)の機能で『スクリーンタイム』というものがあるのはご存知ですか?

 

これを使えば子供たちのiPhoneに色々な制限を設けることができるんです。

 

スクリーンタイムで設定できることは、次の4つ。

  • 休止時間
  • アプリの使用時間制限
  • 使えるアプリの制限
  • コンテンツとプライバシーの制限

 

子供のiPhoneと「ファミリー共有」していればこれらを親のスクリーンタイムを使って子供のiPhoneに設定できてしまうのです。

 

これは使わない手はないということで早速、息子たちのiPhoneに設定してみましたので設定方法をまとめておきます。

 

子供たちがスマホ使用のルールを守ってくれないという同じ悩みを持ったお父さんお母さん方の参考になればと思います。

 

 

スクリーンタイムの設定方法

『設定』の中に『スクリーンタイム』があるのでタップします。

f:id:higeshige:20190303235325j:image

 

下の方に移動すると「ファミリー」という項目があって登録されている子供たちが表示されます。

 

設定したい子供の名前をタップします。

f:id:higeshige:20190303235432j:image

 

※ここで事前に子供が13歳未満の場合は「ファミリー共有」を利用して子供たちに「Apple ID」を取得させておかなければなりません

※またこの機能が使えるのは「ファミリー共有」している18歳未満の子供です。

 

「スクリーンタイムをオンにする」をタップ。

f:id:higeshige:20190304004603j:image

 

どんなことができるようになるのか説明文が表示されるので確認後、1番下の「続ける」をタップ

f:id:higeshige:20190303235439j:image

f:id:higeshige:20190303235424j:image

 

休止時間の設定

まずは休止時間の設定です。iPhoneを触っても何も出来ない時間を設定します。

我が家では20:30にはスマホいじり終了なのでその時間に設定しました。

 

設定後「休止時間を設定」をタップ!

f:id:higeshige:20190303235427j:image

 

アプリ使用時間の制限

次はアプリの使用時間を制限します。

我が家ではすべてのアプリを使用できなくしました。他にもカテゴリー毎に制限をかけることもできます。

f:id:higeshige:20190304004739j:image

f:id:higeshige:20190304004734j:image

 

「使用可能時間」の「設定」をタップすると時間を分単位で決めることができます。

我が家は「平日1時間」

 

「App使用時間の制限を設定」をタップして次へ。

f:id:higeshige:20190304004729j:image

 

コンテンツとプライバシーの制限

最後にコンテンツとプライバシーの説明が出てくるのですが、ここでは設定せずに進みます。

1番下の「続ける」をタップします。

f:id:higeshige:20190304005734j:image

 

親がスクリーンタイムの設定内容を変更したりする際に必要な「パスコード」を設定します。子供に知られるとダメなやつですのでご注意を。

f:id:higeshige:20190304005739j:image

 

確認のために2回入力したら完了です!

 

最後に

まだ設定したばかりで運用はこれから。効果のほどはわかりませんがその後の様子など報告していきたいと思います。

 

息子たちに言ってはありますが突然使えなくなると思うので、その時の子供たちの反応が楽しみです。ブチギレるかもしれませんね〜。

 

今回制限を設定することになった経緯はこちらで詳しく書いてます。

www.hs-note.com

 

 導入してから1週間後の状況も記事にしました!

www.hs-note.com

 

ニンテンドースイッチでも同じような設定(みまもり設定)をした記事です。

www.hs-note.com