雑記ブログをやってみる-ひげしげノート

雑記ブログです。日記的なもの、興味のあるもの、買ったもののレビューとか書いたり書かなかったり。

父のスマホをワイモバイルからマイネオにMNP転出する計画を練ってみた。

f:id:higeshige:20180926235250j:plain

先日母から父も母もスマホを安いマイネオに変えたいからどれくらいお金が掛かるか見てほしいと相談を受けました。 僕がマイネオと契約していて安いというのを知っていたので。

 

ということで、僕の両親のスマホMNP転出計画を練ることにしました。

父と母で分けて考えてみます。(母のものは次回記事にします。)

 

今まさにスマホのMNP転出を検討している方の参考になれば幸いです。

 

 

父のスマホMNP転出計画

まずは父のスマホの契約内容やかかっている金額を調べました。

 

父のワイモバイル契約内容

<ワイモバイル>

スマホプランS 月々1980円(2年間)

データ通信容量2GB 通話1回10分以内無料

機種代金 月々2052円(2年間) (android one S1)

 

よって2018年12月から2019年7月までに支払うお金は

(1980円+2052円)×8か月=32256円 ー①

 

(更新月の2019年8月以降 月々2980円にアップします)

 

変更予定のマイネオプラン

<マイネオ>

ドコモプラン データ通信容量500MB

月々1400円 通話20円/30秒

機種は継続利用。シムロックを解除する必要あり。

 

よって2018年12月から2019年7月までに支払うお金

(1400円+2052円)×8か月=27616円 ー②

 

契約会社変更による差額

ワイモバイルからマイネオに変更すると来年の7月までに

①-②

32256円-27616円=4640円 ー③

だけお得。

ですが、実際はここから途中解約による違約金を支払わないといけないので

その分をさらに差し引きます。

 

途中解約によるMNP転出費用

プランの契約期間中に解約しMNP転出により他社に乗り換える場合、契約解除料やそれに関わる事務手数料がかかってきます。

 

MNP転出費用(契約解除料やその他手数料)15841円 ー④

※(契約解除料9500円)+(MNP転出手数料3000円)+(新規契約事務手数料3000円)+(SIMカード発行料341円)

 

来年8月の更新月までに支払う差額

12月にマイネオに変更した場合と変更しないで継続した場合で来年の7月までに次のような差額となります。

③-④

4640円-15841円=-11201円

つまり12月にマイネオに変更してしまうと、更新月までに違約金分をペイできないどころか11201円の余分な支払いが発生してしまうということになります。

 

来年8月以降の支払い

来年の8月までMNP転出を待てば違約金は発生しません。

2980円ー1400円=1580円

※来年8月で2年が経ち割引がなくなるので1000円値上がりします。

 

ということでワイモバイルよりもマイネオの方が

月々1580円お得。年間18960円節約

ということになります。

 

父のMNP転出計画-検討結果

長々と検討してきましたが、父の場合は、

更新月の来年8月になってからMNP転出をする

ということにします。 

 

ワイモバイルがそこそこ低額なのと、機種代金の残高がまだあるということで直ぐにやめた方がお得!とはなりませんでした。逆に焦ると損する結果です。

 

このほかにも色々なパターンがあると思いますので、今回のように更新月までにどれだけ払う必要があるかという点に着目して検討するとわかりやすかと思います。

 

では!