雑記ブログをやってみる-ひげしげノート

雑記ブログです。日記的なもの、興味のあるもの、買ったもののレビューとか書いたり書かなかったり。

休肝日を作るなら週2日!体への影響と効果を調べてみた。

f:id:higeshige:20181128115827j:plain

お酒を嗜む人の課題のように言われる「休肝日」。2日ほど取るのがいいらしいのですがなぜ休肝日が必要なのかちょっと調べてみることにしました。

 

 

休肝日を設けると何がいいのか

厚生労働省が運営している「e-ヘルスネット」という情報サイトを参考にしています。

週に2日は休肝日
週に2日は肝臓をアルコールから開放してやりましょう。そうすることで依存も予防できます。

 

休肝日を設けることで「アルコール依存を予防できる」ということなんだそうです。

肝臓に良い悪いは言ってない。

 

そもそも休肝日とは何?

肝臓を休めるために週に1日以上飲酒しない日を設けることを推奨する目的で作られた造語。


習慣的な飲酒を継続しているとアルコールは依存性薬物のため耐性が発生し、徐々に飲酒量が増加する危険性があります。
休肝日を設けると飲酒総量が減るので肝障害が予防できる可能性があります。しかし、反動で飲酒する日の飲酒量が増えるかもしれません。休肝日を設けられるか否かで、肝障害の進展を予防するという科学的根拠はありませんが、アルコール依存症のような問題飲酒の顕在化には役立ちます。アルコール依存症や予備群であれば、休肝日にはイライラしたり寝付きが悪かったりするため休肝日を継続することに失敗するからです。

 

休肝日を設けることで肝臓に良いのかどうかは科学的根拠がないから言えないということなんですね。

 

飲酒のガイドラインがある 

そんなものがあったなんて。

厚生労働省は次のような目標を立てています。

「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度である

参考:アルコール|厚生労働省

 

ビール中瓶1本500mlアルコール度数5%で純アルコール量が20gだそうで、だとすると

350mlの5%ビールで純アルコール量は14gですね。たぶん。クリアしてます。

 

毎日350ml缶1本なら適度な飲酒になるということです!

 

飲酒が何が何でも悪いということではない

お酒を飲めば飲むほど体に悪い、ということだけでもないことに驚きました。

 

お酒を飲まない人に比べて、アルコール量が23g未満の人であれば、総死亡数・虚血性心疾患・脳梗塞・2型糖尿病のリスクが低くなるというデータが示されています。

(ただし先進国の中年男女にみられる傾向だそうです。)

 

「e-ヘルスネット」にわかりやすく説明されているので是非みてみてください。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-001.html

 

過去の飲酒を振り返る

ここからは少し自分の過去の飲酒の話を振り返ってみます。

 

30代は毎晩350mlのスーパードライを1本。

40代は毎晩350mlのクリアアサヒを1本。糖質ゼロが発売されてからはそればかり。

というように今まで350mlを毎晩かかさず飲んでました。金曜日とか休日になると2本になってしまうことも。

 

晩御飯のときにビールを切らしているとどれだけがっかりしたことか。

一番たちが悪いのが、ビールはあるのに冷やしてなくて飲めないときです。イライラ絶頂でしたもん。(依存症だったのかも?)

 

晩酌のほかにも、サラリーマン時代は飲み会大好き人間だったので率先して飲んでおりました。。。30代までは、ですね。

 

休肝日5日の現在

お酒を控えるようになった9月からは第3のビールですがアサヒ、サントリー、キリン、サッポロ、どこでもこだわりなく飲むように。度数も5%から8%までバラバラ。9%は飲んだことないかな。

 

ちょうどブログを始めた2018年9月からお酒を控えてみようとふと思って、それから週5日の休肝日です。

 

1週間の仕事を終えたご褒美に金曜日と、一番の休日感を味わえる土曜日の2日を飲む日と決めて飲んでます。

 

はじめは禁酒してみようかと思ったんです。でもそれはできませんでした。我慢が出来るのが”5日だった”ということ。でも結果的にこの5日間というのが功を奏していると思っています。

 

なぜなら飲めない日が多い分、ご褒美感が半端ない!のです。

 

おすすめの休肝日設定方法

だから僕のおすすめの休肝日の設け方は休肝日を多くとることです。

 

逆にですよ、週5日も飲んでいたら、勢いであと2日飲んじゃいます。僕なら。

 

最後に

あんなに好きなビールだったので週5日も休肝日にできるなんて想像もできませんでした。これもびっくりなんですが、ビールを開けたまま飲み忘れることもあります。

 

人間慣れるってことです。

 

最後の最後に話は逸れるのですが、今回調べていて一番驚いたことがあります。

厚生労働省が推進する健康日本21という運動の中で示されている下のデータ。表の「運動開始時」は2000年です。(最終評価時は2012年。)

中高生の月1回以上飲酒をするものの割合。中高生ですよ。

f:id:higeshige:20181128023058p:plain

18年前ってそんなに飲んでたの?? 高3男子なんて2人に1人だよ??

僕はそんなにいい子だったのでしょうか?知らんわ。 

 

ちなみにこの2000年~2012年が第1次。2013年から第2次がスタートしています。2次の結果が見たくなってくるデータですね。

 

ほかにも面白いデータがありました→

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-06-002.html

 

お酒は二十歳を過ぎてから。節度ある適度な飲酒を!(休肝日の話はどこに?)

 

では!