ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

2019年のペルセウス座流星群は満月が近く見えにくい!時間帯はここを狙え!

f:id:higeshige:20181216002305j:plain

 

夏と言えば、三大流星群の1つペルセウス座流星群がやってくる季節です。

 

毎年8月13日頃に極大(活動が最も活発になること)になります。夏休み中に流星群(流れ星)がやってくるなんて子供たちにはうれしいイベントですよね。

 

ところが今年の流星群は満月が近く見えにくいと言われています。

 

ある時間帯を狙えば見えやすくなるそうです。対応策を調べてみました。

 

 

今年は悪条件であまり見えないかもしれない?

2019年のペルセウス座流星群は、

 

  • 8月13日16時頃が極大(夕方なので見えない)
  • 8月15日が満月で夜空が明るく見にくい

 

ということで満月が迫っていて夜でも空が明るいのです。

 

f:id:higeshige:20190712005719j:plain

 

そして、国立天文台はこんな予測をしています。

 

ほぼ一晩を通して満月間近の月が出ているため、空の暗い場所で観察をしたとしても、見られる流星の数は最大で1時間あたり10個程度にとどまりそうです

 

”1時間あたり10個”って…。

 

これは過酷な戦いになりそう。

 

もしかしたら2個連続するかもしれないし、5個しか流れないかもしれない。

 

流星と流星の時間間隔が空くことが予想されますが、はたしてそのとき僕のまぶたは開いているんだろうか。

 

時間帯を選べば見える確率は上がる!

でも月が沈んでから夜明け1時間前までなら、 

1時間あたり30個程度”見えるかもしれないそうです。

 

 

もう一度条件を言うと、

月が沈んでから夜明け1時間前まで”です。

 

 

流れ星を見る確率を増やしたいならこの時間を狙うしかないでしょう。

 

月が沈む時間を狙え!

国立天文台は東京を例にその時間を掲載してくれています。

 

東京では2時30分頃から3時30分頃

 

各地での時刻は計算してくださいとのことなので、まずはやり方が合っているか東京で計算してみました。

 

計算はこちらのサイトでできます。

こよみの計算 - 国立天文台暦計算室

 

(日付を入力して【夜明・日暮】と【月の出入り・南中時】の【GO】を押せば計算してくれます。) 

 

月入り 2:29

夜明け 4:23 ➡︎ 1時間前は3:23

 

東京 【 2:30〜3:30 】

 

あってますね。 

今度は熊本で計算すると(結果はざっくりです)

 

月入り 3:14

夜明け 5:05 ➡︎ 1時間前は4:05

 

熊本 【 3:00〜4:00 】

 

朝早いんだか夜遅いんだかわからない時間帯。普段なら深い眠りに落ちている頃です。

 

ちょっと萎えそう。子供も起きないだろうなぁ。

 

無理せず夜眺めるだけでもいい思い出になるはず!

先ほどの時間帯を狙えば、より多く見えるだろうということ。

 

無理せず12日の夜中に月明りで明るいけど頑張って探してみてもいいわけです。子供たちとそんな話をしながら探せばそれはそれでいい思い出になるはずです。

 

見られる数が多くても少なくても、子供だけではなくて大人でも思い出に残る良い経験ができると思います

 

月明りを避けて観察するかどうかは皆さんにお任せして、 

11日の夜から13日の夜が流星が多めでいいそうです。

 

流れ星が1つでも見られることを祈っています。

 

国立天文台の公式サイトでは、ペルセウス座流星群について詳しく説明されているのでぜひ参考にしてみてください。

 

www.nao.ac.jp

 

流星を見るための準備!

ちょっとした準備でいい観察ができます。

 

レジャーシート

流星を見るときは、レジャーシートなどを敷いて寝っ転がって見るのがベストです。

 

立った状態や座った状態では長い間顔を上に向けておくのはたぶん無理です。疲れるし、頭がふらついて視界もふらふらするので流星を見逃してしまいます。

 

頭を固定する意味でも寝っ転がるべし!

 

虫除け対策

あとは夏なので虫除け対策はしておきましょう。虫除けスプレーとか蚊取り線香とかですね。

 

懐中電灯

周りは暗いので観察する場所まで向かうのに危険です。

 

スマホのライトで良いと思いますが、懐中電灯があるとより安心できますね。

 

 

まとめ

2019年のペルセウス座流星群は、

  • 8月13日16時頃が極大(夕方なので見えない)
  • 8月15日が満月で夜空が明るく見にくい
  • 11日の夜から13日の夜が流星が多め
  • 一番見えるのは月が沈んだ3時頃

です。

 

さいごに

僕が5年前に人生で初めて見た流れ星がこの流星群。

 

山でキャンプをした夜にみんなで地面に寝転がった途端でした。ヒュー、ヒューと目の前を流れ星が通過していきました。

 

子供たちと一緒になって大興奮。

 

それ以来夏に流星群を見ていませんので、条件の悪い今年に敢えてチャレンジしてみようかなと思っています。

 

では!