ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

中古iPhoneのバッテリー交換は慎重に!

f:id:higeshige:20190125180606j:plain

 

中古でスマホを購入した場合、バッテリーがすでに消耗してしまっていることがあります。

 

「フル充電したはずなのに減りが早い」

「突然シャットダウンしてしまった」

と動作までが不安定になることもあります。

 

バッテリーを交換すれば、充電容量が最大となりしっかり充電されます。iPhone自体のパフォーマンスも回復。まるで新品を手にしている感覚になります。(初期はデータが入っていないのでサクサク動きます^^)

 

ただし注意すべきなのは中古のiPhoneはバッテリーが非正規品に交換されてしまっている可能性があるということです。

 

AppleStoreやApple正規サービスプロバイダで交換対応できない場合は正規店ではない修理店での修理してもらうことになります。

 

 

 

iPhoneのバッテリーの状態を確認する 

バッテリー状態を確認するのにiPhoneを分解するようなことはしません。

 

「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」 の項目で確認します。

 

f:id:higeshige:20190124003031j:plain

 

僕の場合、交換して4か月たった状態でまだ最大容量100%でした。新品と同程度を維持しているということが言えそうです。

 

ちなみに交換前は52%まで落ちてました。

 

ここまで落ちてしまうと、もうiPhoneは普通には使えません。詳しくはこちら→

 

www.hs-note.com

 

iPhoneのバッテリー交換料金

2019年からバッテリー交換の料金が改定されました。

 

保証対象のiPhoneは無料で変わりませんが、保証対象外の場合は以前より安く設定されています。

 

■ iPhone のバッテリーサービス料金(税別表示)

f:id:higeshige:20190123222048j:plain

 

中古iPhoneのバッテリー交換で注意すべき点

中古iPhoneをApple Storeや正規サービスプロバイダでバッテリー交換する場合、注意すべき点があります。

 

それはバッテリーが正規品ではないものに既に交換されている可能性があり、その場合Appleでバッテリー交換してもらえないかもしれないのです。

 

中古スマホは過去の修理履歴がわからない

ではなぜ中古iPhoneを購入する際にバッテリーが正規品かどうかわからないのでしょうか?

 

それは買取をした中古スマホショップでも過去の修理履歴はわからないからです。

 

中古スマホショップに確認したところでは、買取の時点で

  • 元の所有者に修理履歴の確認を取らない
  • 分解して部品の状態を確認しない

ということでした。

 

バッテリーではありませんが液晶パネルが正規品ではなかったことが判明したときの記事がこちらです→

 

www.hs-note.com

 

Appleの修理規約を確認する

Apple Storeに修理に出したときに部品が正規品ではなかった場合、いくつかの制約を受けることになります。

 

Appleに修理規約があるので、関連する部分を抜粋してみました。

 

 1.8 サービス対象外および診断料金。Apple がお客様の製品を検証し、以下のいずれかに該当すると判断した場合、Apple は下記の国ごとの表に記載される (配送料金を含む) 診断料金 (以下「診断料金」といいます) を請求します。(i) 製品に修理が必要ない場合。(ii) お客様の製品で使用されるソフトウェア、または製品に記録されたデータが原因で故障または互換性の問題が発生している場合。(iii) Apple が提供する部品または Apple 製の部品以外の部品の故障でサービスが要求されている場合。(iv) 最初の見積りによる料金には含まれていない追加の技術料または部品代が必要であり、Apple が改訂した見積料金によるサービスの実施をお客様に同意していただけない場合。(v) シリアル番号が変更されている、判読できない、または削除されていてサービスが実施できない場合。または故障の原因が事故、不適切な取り扱い、液体の接触または侵入、不注意、誤用 (Apple または Apple 正規サービスプロバイダ以外の手による不適切なインストール、修理、メンテナンスを含む)、不正改造、過酷な環境 (異常な高温または高湿度など)、過度の物理的または電気的な圧力や干渉、電圧の変動やサージ、落雷、静電気、火災、天災、その他の外的要因である場合 (以下「サービス対象外」といいます)。Apple は製品に対するサービスを実施せずにお客様に製品を返却し、お客様に診断料金を請求する場合があります

 

国または地域 診断料金
日本 最大 10,000 円 + 税額

 

1.11.6 不正改造の開示。お客様が製品に対して不正な改造を施している場合や、製品に対して Apple または Apple 正規サービスプロバイダ (以下「AASP」といいます) 以外の手による修理または交換を行った場合は、お客様にはサービスの注文過程で Apple に通知していただく必要があります。不正改造や、Apple または AASP 以外の手による修理または交換が原因で、修理中に何らかの損傷が製品に発生した場合、Apple は一切責任を負いません。損傷が発生した場合、Apple は、製品が保証または AppleCare サービスプランの対象であっても、サービスを完了するために発生する追加の費用についてお客様の承認を求めます。お客様が承認を拒否された場合、Apple は、お客様の製品を未修理のまま損傷が残る状態で返却する場合があります。その際、Apple は一切責任を負いません。

 Legal - Repair Terms and Conditions - Apple

 

 

規約をざっくりまとめると、

 

  • 修理せずに返却されることがある
  • 診断料金がかかることがある(最大1万円+税)

 

となります。

 

ここは中古iPhoneについてまわる問題として覚悟しておいた方がいいかもしれません。

 

さいごに

AppleやApple正規サービスプロバイダではありませんが、修理してくれるお店はたくさんありますのでご安心を。

 

ただ激安を謳っているようなお店は粗悪な部品を掴まされる可能性もありますので注意が必要です。