ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

SIMフリーやSIMロック解除スマホを選ぶなら通信方式・周波数帯チェックを忘れずに!

f:id:higeshige:20190125180606j:plain

中古スマホを探していると「SIMフリー」とか「SIMロック解除」という言葉が添えられたスマホをよく目にします。

このスマホ、SIMロックのかかっていないどこのキャリアでも使える万能のスマホのように思っている人はいませんか?(僕がそうでした。)

 

実はそうではありません。

 

SIMフリーのスマホやSIMロックが解除されたスマホが、どの携帯会社でも使えるとは限らないのです。

 

その理由は、携帯会社によって通信方式や使っている周波数帯が違うから。

 

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

 

携帯会社によって通信方式が違う

携帯会社によって通信方式が違うとはどういうことなのでしょうか。

 

技術が進歩するごとに通信速度も速くなっていますがその時代時代で「世代」に分けて呼んでいます。

 

Generation(世代)の頭文字「G」をとって「3G」とか「4G」と呼ばれることが多いですね。

 

このうち今でも使われている第3世代(3G)の通信方式が携帯会社によって異なるのです。

 

事業者名 通信方式
docomo 第3世代 W-CDMA,HSPA等
第3.9-4世代 LTE-A,LTE
au 第3世代 CDMA2000,EV-DO等
第3.9-4世代 LTE-A,LTE
softbank 第3世代 W-CDMA,HSPA等
第3.9-4世代 LTE-A,LTE

 ※総務省HPより抜粋:http://www.soumu.go.jp/main_content/000552764.pdf

 

上表の第3世代をみると、docomoとsoftbankは通信方式が同じ。auだけ違います。

 

つまりdocomoとsoftbankのスマホはSIMロック解除すれば使いまわせるけど、auはSIMロック解除してもauでしか使えない、ということです。

 

もちろんどこの回線でも使える万能で優秀な機種もあります。

 

SIMフリースマホもどこかの回線に偏った仕様のものもあればどこでも使える万能型のスマホもあります。

 

例えばiPhoneは万能型です。

通信方式をAppleのサイトで確認すると、

  • GSM/EDGE
  • UMTS/HSPA+ (←W-CDMA系)
  • DC-HSDPA (←W-CDMA系)
  • CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B (←CDMA2000系)
  • 4G LTE

 

というようにW-CDMAとCDMA2000のどちらにも対応しているので、SIMロック解除したiPhone、SIMフリーのiPhoneはどこの回線でも使えるということがわかります。(日本販売モデルに限定の話。)

さすがiPhone。

 

ちなみに、この3Gですがauは2022年にはサービスを終了することを発表、docomoも2020年代半ばに終了する方針だそうです。

auが3G終了を発表。iPhone 5sなどLTEスマホも一部使用不可に――22年3月末 - Engadget 日本版

 

携帯会社によって周波数帯が違う

第3.9-4世代で使われている周波数は下の表のようになります。各社対応している周波数が違います。

 

周波数

Hz

700

M

800

M

900

M

1.5

G

1.7

G

2.0

G

3.5

G

バンド 28 18,26 19 8 11 21 3 1 42
docomo      
au        
softbank      

※総務省HPより抜粋:http://www.soumu.go.jp/main_content/000552764.pdf

 

例えば、softbankで買ったスマホ(上表と同じ仕様だとして)をSIMロック解除してdocomo系MVNOに乗り換えた場合、docomoの800MHz(バンド19)と1.5GHz(バンド21)が使えないのと、softbankで使っていた900MHz(バンド8)と1.5GHz(バンド11)が使えなくなるというのがわかります。

 

第3.9-4世代は各社通信方式に違いはないのですが、使っている周波数帯に違いがありつながりやすさに違いが出てくるのです。

 

周波数についておさらい
  • 周波数が低い→電波が届きやすい。(障害物の影響を受けにくい)
  • 周波数が高い→電波が届きにくい。(データ通信は高速)

 

最後に

格安SIMに乗り換えてSIMフリーやSIMロック解除のスマホを購入する際は、通信方式と周波数帯が乗り換え先の回線とマッチしているかをしっかりと確認しておく必要があります。

 

格安SIMのMVNOは使える回線に制約があります。でもmineoのように3回線とも使える会社もありますし、2018年4月にはLINEモバイルも3回線体制になります。

 

僕としてはSIMフリーやSIMロック解除スマホをおすすめしません。

 

SIMロックされたスマホのままで回線が同じになるようにプランを選ぶことをおすすめします。

 

なぜなら、やはり詳しくない人にとっては通信方式や周波数帯を調べるのはちょっとハードルが高いと思うからです。

 

SIMロックスマホでも同じ回線で契約出来るなら無理してSIMフリーを選ばなくてもいいと思いますよ。