ひげしげノート

おすすめレビュー・格安SIM・ブログ関連の雑記ブログです。

【Logicool ERGO M575レビュー】不安を吹き飛ばす快適なトラックボールマウスでした

f:id:higeshige:20210408134023p:plain

 

LogicoolのベストセラーM570を10年振りにリニューアルしたというトラックボールマウス「Logicool ERGO M575」を購入しました。

 

リニューアル後も好評で人気が継続中。Amazonではトラックボール部門でベストセラー1位を獲得し、楽天のLogicool公式ストアでは売り切れが続いています。(2021/1/18現在)

 

f:id:higeshige:20201219212445j:image

 

はじめてのトラックボールマウスで不安だらけでしたが、いまでは良い買い物をしたと思っています。

 

しばらく使ってみて感じたのは、静かな操作で作業に集中できるということです。なんだかんだこれが一番良い所かもしれません。

 

 

M575の良い所
  • 置き場所が小さくて済む(省スペース)
  • マウスを動かす音がしない(静か)
  • 手首への負担がほぼない

 

 

M575の悪い所
  • 操作に慣れが必要

 

慣れが必要だと言っても数日もあれば十分慣れます。もう普通のマウスには戻れません。 

 

 

 

Logicool M575のレビュー

 

前機種がベストセラーで10年間も使われ続けたというのはすごいことです。そんな前機種を全く知らない僕が、まっさらな状態で徹底的にレビューしていきます。

 

スペック

 

M575の主なスペックです。 

 

M575のスペック

 仕様 M575
高さ 134mm
100mm
奥行き 48mm
重量 145g
センサー アドバンス オプティカル
ワイヤレス接続 USBレシーバー + Bluetooth
バッテリー寿命 最長24ヵ月(USBレシーバー使用)
互換性 Windows + macOS + iPadOS

 

技術的詳細はLogicool M575の公式サイトを参考にしてください。

 

www.logicool.co.jp

 

外観

 


f:id:higeshige:20201219185308j:image

 

M575の表面はシボ加工でザラザラしています。ツルツルしていないのでベタつくことはありません。

 

 

M575の色は3色。

  • ブラック(保証期間1年)M575S
  • グラファイト(同2年)M575GR
  • オフホワイト(同2年)M575OW

※グラファイトとオフホワイトは再生プラスチック使用率がそれぞれ50%と21%。

 

こちらがブラック。

 

こちらがグラファイト。

 

こちらがオフホワイト。

 

サイズと重量

 

M575の大きさはふつうのマウスに比べて大きく重量もあります

 

f:id:higeshige:20201219170237j:plain

 

本体の重さは単三電池1本を含めて152g。(USBレシーバーは外してあります。)

 

ずっしりしていますが、マウスは固定して使うので全く問題ありません。

 

f:id:higeshige:20201219170315j:plain

 

M575自体を動かすことがないので、設置場所は極端な話、マウスが置ければいい。机の周りにあまりスペースを取れない人にはうれしいですね。

 

トラックボール

 

M575のトラックボールは裏の穴から押し出せば簡単に外せるので掃除が楽です。小指では確実に押し出せます。(僕の手は結構大きいですが人差し指でも大丈夫でした。)

 

ボール収納部入口はボールより少し狭くなっているのでマウスを逆さにしても落ちません。なので戻すときは軽く押し込まないと入りません

 

f:id:higeshige:20201219170526j:plain

 

ボール重量は25g。持ってみると想像していたより重さがありますが、操作するととても滑らかな動きで安定感もあります。

 

f:id:higeshige:20201219170538j:plain

 

ボールはマウスの中で完全にホールドされているわけではなく、3点の小さなボールに乗っかった状態でコロコロ転がっています。ボールの真横から押すと3点支持のボールから外れてカタカタ動きますが壊れているわけではないのでご安心を。

 

f:id:higeshige:20210210234523j:plain

 

マウス解像度

 

マウス解像度はM570が540DPIなのに対してM575が2000DPIまでアップしていてより細かな動きに対応しています。

※DPI=マウスを1インチ(約2.5cm)動かしたときにポインターがモニター上で動くドット数

 

色々調べましたがトラックボールマウスで2000DPIのものは見つけられませんでした。

 

無線接続

 

M575 とパソコンとは無線接続です。Bluetooth接続かUnifying USBレシーバーを使って接続します。

 

f:id:higeshige:20201219170554j:plain

 

USBレシーバーはマウス背面のフタを開けると電池と一緒に入っています。取り出してパソコンのUSBに差し込むだけです。

 

f:id:higeshige:20201219170636j:plain

 

Bluetooth接続の場合はこのレシーバーは不要です。 

 

ポインタ速度設定

 

最後に操作性に関わるところで、M575のポインタ速度は設定で必ず調整しましょう。これで使いやすさが大きく変わります。

 

設定ソフト「Logicool Options」は下記サイトからダウンロードできます。

Logicool Options – Logicool サポート + ダウンロード

 

インストールすると各種設定変更が可能です。

 

f:id:higeshige:20201219171851j:plain

 

「ポイント&スクロール」タブに切り替えてポインタの速度を変更します。メモリを動かすとそのまま速度が反映されるので確認しながら決められます。

 

f:id:higeshige:20201219171906j:plain

 

 

Logicool M575の使用感

 

M575をしばらく使ったので使用感をレビューしていきます。

 

ポインターは速度設定でうまく動かす!

 

ポインターをサッ、サッと持っていきたいところに正確に持っていけるのか。これはマウスの最重要事項です。

 

この操作性を大きく左右するのは「 ポインタの速度」です。(後述の「ポインタ速度設定」参照。)

 

人によると思いますがポインタは、速くても遅くてもやりにくい

 

遅い設定の場合、何度もトラックボールを回転させないと行きたいところまで行けません。逆に速い設定の場合、親指のちょっとした動きも拾ってしまうのでポインタの位置が定まりにくくやりにくいです。

 

まず自分にあった設定に変えれば問題なし。操作性がだいぶ変わります。

 

指の連携は慣れ次第!

 

例えば文章中の文字を選択するとき、

【普通のマウス】→左クリックして手首を右にスライドさせる

【M575】→左クリックして親指でボールを右に回転させる

手首をスライドさせるか親指を動かすかの違いだけなんですけど最初は戸惑います...。

 

左クリックを親指でやろうとしたり、どの指を使うか分からなくなって「あれ?どれだ?」みたいな感じになったりします。

 

でも慣れです。慣れたら問題なし。

 

トラックボールマウスの戻る/進むボタンは左クリックする面の端にあって人差し指で押します。(ふつうのマウスだと側面のボタンを親指で操作しますよね。)

 

f:id:higeshige:20201214120135j:plain

 

手を置く位置によって進むボタンが遠くなることがありますが、これも操作しているうちに自分の位置が定まって気にならなくなります。
 

トラックボールを動かす親指は疲れない!

 

トラックボールは親指で動かします。だから親指に神経が集中して疲れるのではないかと心配していました。

 

はじめの指の連携がうまくいかずにやりにくさがありますが、疲れません。ポインタ速度調整後はもう無意識で操作しています。

 

手首はもちろん疲れない!

 

マウスの操作時は手首部分は机についたままで動かすのは指のみ。手首は動かすことがないので全く疲れませんよ

 

f:id:higeshige:20210221170614j:plain

 

手を置く面が傾斜していて自然な状態で置くことができて楽です。

 


f:id:higeshige:20201219185308j:image

 

絶妙な曲線が手に完全フィットするのでとてもリラックスした状態で操作できます。

 

音が静か!

 

ふつうのマウスを動かす時はサーッサーッという音がしますよね。トラックボールマウスは音がなく静かです。(クリック音はします)

 

作業に集中できる!

 

Logicool M575レビューまとめ

 

トラックボールマウス 「Logicool M575」についてレビューしました。

 

まとめると

 

 

M575の良い所
  • 置き場所が小さくて済む(省スペース)
  • マウスを動かす音がしない(静か)
  • 手首への負担がほぼない

 

 

M575の悪い所
  • 操作に慣れが必要(ポインタ速度の設定が大事)

 

M575ははじめてトラックボールマウスを使う人でも、スッと馴染んですぐに使いこなせるようになると思います。