ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

【髭のお手入れにヒゲトリマー】まとめ&おすすめ選定

f:id:higeshige:20190701231509j:plain


ヒゲトリマーは髭の長さを調節して切り揃えることができます。髭をお手入れしたい人にはうってつけのものなのです。

 

はじめて購入する人にとって、

 「ヒゲトリマー自体がどんなものなのかもよくわからない。」

 「たくさんの種類があるので、どれにすれば良いのかわからない。」

と多くの方が悩まれると思います。僕もかなり悩みました。

 

そこでこの記事では実際に使いまくっている僕が、ヒゲトリマーの種類についてまとめたのでぜひ参考にしてください。

 

最後に僕が購入したヒゲトリマーについても紹介します^^

 

とにかく髭を生やしている人にはおすすめしたいヒゲトリマー。

きれいに切り揃えられると、見た目がガラッと変わって良い印象を与えられると思いますよ。

 

 

ヒゲトリマーの種類

ヒゲトリマーと一言で言っても電源供給の方法から色々あります。

 

さらにお手軽にできるものから色々な機能を備えたごつい形をしたものまで様々です。

 

電源供給

僕の中でかなりの比重を占める重要な項目です。

 

乾電池式

乾電池で動作するヒゲトリマーです。

 

メリットは重量が比較的軽いこと。

 

サイズも手にすっぽり収まる小型タイプ

 

1000円〜2000円程度で価格もお手頃です。

 

電池は切れたら予備に交換すればいいので少し面倒ですが我慢できると思います。

 

電池なのでパワーが心配です。

口コミを見ると「1度では残るので何往復もさせないといけない」といったものがありますが、これはどれを買っても同じかなと思います。

 

始めは切れ味がいいと思いますが切れ味が落ちてきた途端に刃が噛みそうでこっちの方が心配。(使っていないので勝手な想像です。)

 

f:id:higeshige:20190428235425j:plain
f:id:higeshige:20190428235439j:plain

左:PHILIPS【型式MG1102/16】単3-1本

右:Panasonic【型式ER2403PP】単4-2本

 

充電式

8時間〜10時間の充電で連続使用40分~60分程度できるものが多いです。

 

毎日2分使っても1ヶ月くらいはもつ計算ですね。

 

充電が切れる頃には動きが鈍くなってくるので、そのタイミングで充電でしょうか。

 

充電のタイミングを逃さないように注意です。使いたい時に使えないというのだけは避けたいですね。

 

「充電式」は充電コードを挿しながら(充電しながら)使うことができません。

 

f:id:higeshige:20190429000904j:plain
f:id:higeshige:20190429000915j:plain


左:PHILIPS【型式BT3206/14】

右:BRAUN【型式MGK3020】

 

充電式&交流式

先ほどの充電式に加えて充電しながらの使用も可能な交流式としても使えるものです。

 

ケーブルが少し邪魔になるかもしれませんが使用に大きく影響することはないでしょう。(我が家のシェーバーから想像するとそう思います。)

 

ケーブルを差しながら使うのも充電が切れた緊急時くらいだと思いますので。

 

充電が切れてしまっていたらケーブルを差し込めばすぐに使えるので、この安心感はやはり何にも代えがたい

 

f:id:higeshige:20190429003254j:plain
f:id:higeshige:20190429003501j:plain

 

左:BRAUN【型式BT3040】

右:PHILIPS【型式BT3213/14】

 

カットができる種類

ヒゲトリマー専用のものからアタッチメント交換で鼻毛や髪までカットできるものがあります。

 

ヒゲトリマー

髭をカットできる長さは機種により様々です。

 

  • 0.2mm毎に設定可
  • 0.5mm毎に設定可
  • 1mm毎に設定可
  • アタッチメント交換で対応可(1mm、3mm、5mmなど)

 

などなど。

 

シェーバーのアタッチメントがついて髭剃りができるものもあります

 

ヒゲトリマー&バリカン

ヒゲトリマーでありながらバリカンとしても使えるパワフルなヤツです。

 

f:id:higeshige:20190429003254j:plain

 

もともとヒゲトリマーなのでヘッドは小さめ。

頭を全部刈ろうとすると大変かもしれません。

 

ヒゲトリマー&バリカン&鼻毛カッター

色々できて便利です。

ヒゲトリマーの機能に加え先端部のアタッチメントを交換することで、鼻毛カッターにもなります。中央上のアタッチメントがそれです。

 

f:id:higeshige:20190429000915j:plain

 

本体とは別で鼻毛カッターをセットで売っていることもあります。

 

おまけ

鼻毛、耳毛、眉毛、髭に対応したものもあります。

 

f:id:higeshige:20190429180322j:plain

 

PHILIPS【型式NT5172/16】単3-1本

 

これはこれで、使ってみたい。。。 

 

洗浄範囲

メンテナンスも大事です。

 

髭の残骸がカッター部に詰まってうまく動作しなくなるかもしれませんので簡単に掃除ができるものがいいですね。

 

本体丸洗い

本体に防水機能があれば丸洗いも可能です。気兼ねなく洗えます。

 

またお風呂場での利用もできます。入浴時に済ませたい人にはおすすめです。

 

f:id:higeshige:20190429010947j:plain

 

刃先のみ

防水機能がなく刃先しかできないものもあります。

 

f:id:higeshige:20190429011001j:plain

 

選定したヒゲトリマー

ということで実際に選定したのはブラウンのヒゲトリマーBT3040です。

決め手は、充電式と交流式の2つに対応していたことです。

 

ブラウンBRAUN【BT3040】

充電・交流式/バリカン・ヒゲトリマー/丸ごと水洗い可

 

 

さいごに

いろいろな種類がありすぎて悩みますが最後に紹介したブラウンのヒゲトリマーBT3040を選んでおけば間違いないと思います。

 

こちらの購入後のレビュー記事もあるので参考にしてみてください。使い方から実際の使用感まで細かくレビューしています!

 

www.hs-note.com

 

この歳になって髭がきれいに切り揃えられることに感動しています!