ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

子供のスマホデビューにはLINE無制限のLINEモバイルがいい!

f:id:higeshige:20201014174050j:plain

 

小中高のお子さんをお持ちの親御さんなら、スマホデビューはどこの携帯会社が良いか一度は悩まされる問題ですよね。

 

大手キャリアだと月5000円なんてざらにありますが、子供の携帯代にそんなに掛けたくないのが本音。

 

何とか低く抑えられないものか…。

 

これがあるんです。

 

月額600円のスマホプランが!!

 

格安SIMのLINEモバイルが提供するこのプラン。うちの息子もこれでスマホデビューしてもう4年が経ちました。

 

しかもLINEが使い放題!

 

LINEモバイルとはどんなものなのかわかりやすく解説していきます。

 

こんなにコストパフォーマンスの高いプランは他にないと思います。 

 

\ LINEモバイル公式サイトはこちら /

 

 

 

 

LINEモバイルは月額600円でなにができるの?

 

月額基本料金が600円というのは安すぎて逆に不安になってしまいます。

 

一体どんなプランなのでしょうか?

 

LINEが使い放題

 

LINEはどれだけ使ってもデータ使用量は無制限!つまり使い放題なわけです。 

 

通信速度も高速のまま使えます。

 

 

よく使われるLINEの機能

・トーク

・無料通話

・ビデオ通話

が使い放題なのです。

 

 

「電話なんて滅多にしない!」

「LINEがあれば連絡が取れるので十分!」

 

子供はそんなもんです。

 

『電話』はできなくても『無料通話』があれば問題ありませんよね?

 

十分です。

 

  • LINEのトークや無料通話、ビデオ通話が使い放題!

 

その他のSNSもできる

 

LINE以外のSNS(TwitterやInstagramなど)は登録の際に、SMS(ショートメッセージ)による認証が必要です。

 

LINEモバイルはSMS付きデータSIMなのでLINE以外のSNSも問題なく利用できます。

 

※SMS(ショートメッセージ)は電話番号宛に送られるメールのようなもの。SMS付きデータSIMは電話番号が割り当てられますが音声通話はできません。

 

注意点はSMS付きデータSIMであっても、TwitterやInstagramなどは年齢制限があり13歳未満のお子さんは登録できませんので悪しからず。

 

月額基本料金600円から!

 

月額600円~なんて安すぎます。

 

ここまで安い理由の一つは、音声通話SIMではなく

データSIMだから

 

音声通話SIMとデータSIMのメリット・デメリットを簡単にまとめると、

 

f:id:higeshige:20200613005124j:plain

 

つまり、電話する以外はデータSIMでほとんどのことが出来るということなんです。

 

電話ができないと不便かもと思っている方に声を大にして言いたいのは、

 

音声通話SIMじゃなくてもデータSIMで通話できます!

 

ということ。

 

データSIMでLINEの無料通話を使えばいいのです。

 

そもそも子供は自分から電話を掛けること自体少ないと思いますし、僕の息子なんてLINEの無料通話でさえ使いません。(もはやスマホいらないレベル。笑)

 

LINEモバイルにはデータSIM(SMS付き)と音声通話SIMの2種類が用意されていますが、子供にはデータSIMで十分だということが分かっていただけたと思います。

 

データSIMの月額料金

 

データSIMの月額料金は次のようになっています。500MBの600円はインパクトありますね。

 

■LINEモバイル データSIMの月額料金(税別)

 

f:id:higeshige:20200613012700j:plain

 

詳しくはこちら→料金プラン|LINEモバイル

 

 

「子供のスマホにお金はかけられない!」

 

という親御さんの声が聞こえてきますが、

 

  • データSIM(SMS付) 500MB 月額600円!

 

もうこれは救世主でしかないです。

 

スマホデビューでデータ容量500MBは大丈夫?

 

スマホデビューするにあたってデータ容量が500MBで大丈夫なの?という心配があると思います。

 

LINEはどんなに使ってもデータ容量に影響しないので大丈夫。  

 

欲が出てゲームやら他のSNSに手を出し始めると、厳しくなるかもしれませんが…。

 

自宅ではwi-fi接続!

 

自宅でwi-fiに繋げていればデータ通信量が消費されることはなく、これも使い放題と同じようなもの。

 

それこそ外では全く使わず自宅のwi-fiだけだったらデータ容量は500MBよりももっと少なくても良いわけです。

 

うちの息子もこれでインスタやらTikTok、YouTubeなどを見まくっています。(やり過ぎないように監視が必要。)

 

LINE以外のSNSが無制限になる有料オプション

 

子供が外でスマホをやりだしてデータ容量が足りないなんて言われたら、僕はスマホやめなさいと言ってしまいそうですが…。笑

 

友達と出掛けてLINE以外のSNSで話が盛り上がることもありますよね。

 

そこでLINEモバイルではTwitterやInstagramのデータ通信量も無制限にできる有料オプションがあります。

 

■LINEモバイル 「データフリー」プラン(税別)

 

f:id:higeshige:20200613175305j:plain

 

詳しくはこちら→料金プラン|LINEモバイル

 

やるなら自宅のwi-fi環境下でやってよー。

 

余ったデータ通信量は翌月に繰り越し

 

500MBを使い切らなかった場合は、余ったデータ通信量は翌月末まで繰越可能です。また家族や友達にプレゼントすることもできます。

 

うちの息子は外で使うことがあまりないのでデータが消費されず、ほぼ翌月に繰り越されています。 (家の中ではWi-Fiに繋がっています。)

 

今はなき旧プラン(500円で1GB)ですが、ほぼ繰り越している証拠画像がこちら。

 


f:id:higeshige:20200310225409j:image

f:id:higeshige:20200310225405j:image

 

LINEモバイルは3回線対応! 

 

スマホ端末はどうされますか?

 

中古スマホを購入してもいいですし、親のお下がりでもオッケー。LINEモバイルで端末も売っています。

 

このように色んな選択肢の中からスマホを選ぶことができますが、スマホによって利用できる回線が決まっていますよね。

 

例えばdocomoで使っていたスマホをauで使おうと思ってもロックが掛かっていてそのままでは使えなかったり、ロックを解除しても電波が届きにくかったり。

 

LINEモバイルならdocomo・au・softbankの3回線全てに対応しています。

 

ということはざっくり言ってしまうと、どこの端末を持ってきても回線を選べば使えるということなんです。

 

 

うまく動作しない機種もあるようなので、必ずLINEモバイルの端末検索ページで確認してください。

 

動作確認済端末検索ページ|LINEモバイル

 

 

解約手数料はかかる?

 

データSIM(SMS付)も音声通話SIMも、最低利用期間がありません。

 

だからいつやめても違約金の発生はなし。

 

ただし解約事務手数料が1000円だけかかります。

 

万が一やっぱり自分の子供には合わなかったという場合は、少ない負担でやめられます。(少し前だと1年以内に解約すると1万円くらい違約金を取られていたのです。だいぶ改善されましたね。)

 

 

SIM交換や設定は自分で!

 

申し込むと届くSIMカードは自分で交換、設定なども自分でやる必要があります。

 

これは格安SIMの宿命ですが最初の一回だけなので子供のために頑張りましょう。

 

(大手キャリアと違って格安SIMは実店舗が圧倒的に少ないので店員さんにお願いできないと思っていた方がいいです。)

 

SIMカードの交換をやった記事があるので不安な方はこちらを。

 

www.hs-note.com

 

 

最後に

 

子供のスマホデビューにはLINEモバイルのデータSIMで十分だと思いませんか?

 

LINEが使い放題で月額600円ですよ!

 

十分です! 

 

子供のスマホデビューなら、 LINEモバイルのデータSIMがイチオシです。

 

\ LINEモバイル公式サイトはこちらから /

 

 

 

スマホはこれから選ぶよ!という方はぜひこの記事も参考にしてください。

子供のスマホ代を安くするには「データSIMと中古スマホ」だよ! - ひげしげノート

 

 

それとお父さんお母さんのスマホ代も結構掛かっていませんか??

お父さんお母さんにはmineo(マイネオ)がおすすめですよ!

 

www.hs-note.com

 

 

では!