ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

子供のスマホ代を安くするには「データSIMと中古スマホ」だよ!

f:id:higeshige:20181224001131j:plain

 

子供にスマホを持たせるならできるだけ安くしたくありませんか?

 

僕はそう思っていろいろ探しました。

 

皆さんの中には、

 「キッズ携帯のために大手キャリアと契約はできない!」

 「キッズ携帯では物足りないお年頃!」

 「持たせるならスマホがいい!」

 「格安SIMでもまだ高い!」

と思っている方も多いと思います。

 

そこでぼくがおすすめするのは『データSIM』と『中古スマホ』の組み合わせです。(僕の息子は小学生(高学年)からこれ。)

 

この記事では、

  • データSIMとはどんなものなのか
  • 中古スマホはどんなものをどうやって手に入れればいいのか

と言ったところを詳しく解説していきたいと思います。

 

ぜひお子さんのスマホデビューの参考にしてくださいね\(^o^)/

 

 

データSIMプランで契約する

『格安SIM』と呼ばれているものの中には2種類あります。

 

  • 『データ通信』と『音声通話』ができるもの
  • 『データ通信』だけのもの

 

この『データ通信』だけのものをデータSIM(格安データSIM)と呼んでいます。

 

このデータSIM、色々できて格安なのです。 料金の話は後半で。

 

データSIMで出来ないこと

データSIMで出来ないことは電話です。 

 

電話番号を割り当てられないので、家族や友人に電話番号が渡せず電話をかけてもらう事もできません。

 

でも子供にそこまで必要ですか?

 

僕の息子もデータSIMなんですが、電話があればいいのに!なんて思ったことは今まで一度もありませんでした。(^^;

 

データSIMで出来ること

データSIMで出来ることはデータ通信だけですがいろいろな事ができます。

 

YouTubeで動画や音楽を鑑賞したりゲームをしたりブログを書いたりSNSで仲間とやり取りしたりと、データ通信さえできれば大体のことはできてしまうのです。

 

そして忘れてはいけないのが無料通話アプリです。 

 

友だち登録さえしてあれば無料で通話ができるし、ビデオ通話だってできてしまいます。

 

ポイント
  • データSIMでできること・・・YouTube、ゲーム、ブログ、SNS、無料通話アプリ
  • データSIMでできないこと・・・電話

 

データSIMでLINE無料通話!

無料通話アプリと言えば、LINEの機能でもある『無料通話』と『ビデオ通話』が有名ですね。

 

電話ができなくても、LINEを使えば無料通話ができてしまいます

 

子供とのやり取りはこれで十分だと思いませんか?(我が家ははっきり言って十分です^^)

 

SMS付きデータSIMを選ぼう

データSIMでLINEをする場合の注意点は1つ

 

LINEは新規登録する際にSMSでの認証を必要とするので、SMS付きデータSIMを選ばないとLINEの登録ができません

 

facebookアカウントの連携でも認証できますが13歳以上が対象です。(facebook自体が13歳未満は登録できません。)

 

ポイント
  • LINEをする場合はSMS付きデータSIMを選ぶこと!

 

子供にしたらゲームができてYouYobeが見れて友達とラインができればいい。

 

電話なんてまず使いません(無料通話でさえ使わないかも)。

 

データSIMでIP電話

データSIMプランでどうしても番号を持ちたい人は「LaLa Call」というサービスで実現できます。

 

IP電話の「050」の電話番号が持てて専用アプリで通話するものです。(有料)

 

僕は利用していないのでわかりませんが口コミ評価はあまりよくありませんね。参考までに→https://lalacall.jp/

 

データSIMならLINEモバイル

ここまで子供にはLINEで十分と言ってきました。

 

そしてLINEをやるならLINEモバイル以外に考えられません。

 

なぜなら、LINEをどれだけ使ってもデータ通信量が0円だからです。

 

データSIMの一番安い料金はこちら\(^o^)/

 

ベーシックプラン 月額料金(税別)
データSIM(SMS付) 500MB 600円

 

詳しくはこちら→料金プラン|LINEモバイル

 

ということで、LINEモバイルでLINEをする場合は、

 

  1. LINEのトーク、無料通話、ビデオ通話はデータ通信量に含まれない
  2. 余ったデータ通信量は翌月まで繰り越しが可能。
  3. 500MBを使い切ってもLINEの速度は高速のまま使用可能。
  4. データSIMは解約手数料なし。

 

これが月600円で可能なのです。

 

LINEモバイルのデータSIMプランについては「スマホデビューのプランならLINEが無制限で使えるLINEモバイルでしょ - ひげしげノート」の記事で詳しく書いたのでぜひ読んでみてください。

 

www.hs-note.com

 

中古のスマホを購入する

最新のiPhoneなら10万円を超えます。

 

子供にそこまで高性能なものを与えても使いこなすことなんて出来ません。もったいないですよね。

 

そこで我が家の子供たちのスマホは中古の型落ちiPhone(5年型落ち)。これで何年も使ってもらっていますが十分です^^

 

親のお下がりがあるなどスマホ本体をすでに持っているならSIM交換すればオッケー!

一番安く運用することができます。

 

ポイント
  • スマホは中古の型落ち品で十分!
  • 親のお下がりスマホがあれば最高!

 

子供がスマホを何に使うのかと言えば、YouTube、ゲーム、SNS。

 

中古のスマホで十分事足りるのです。

 

 

いくつか中古のスマホショップを紹介しておきます。

 

 

(我が家ではゲオで子供用に2台購入しています。)

  

中古スマホを購入する際にはいくつか注意点があります。「【検討中の方必見】中古のスマホ購入で気を付ける5つのこと」という記事にまとめたのでぜひ参考にしてください。 

 

まとめ

改めてポイントをまとめておきます。

 

データSIMでスマホを賢く運用できます。

ポイント
  • LINEをする場合はSMS付きデータSIMを選ぶこと!

 

中古のスマホ選びについては、 

ポイント
  • スマホは中古の型落ち品で十分!
  • 親のお下がりスマホがあれば最高!

 

 

大手キャリアとの契約はすべてお店やってくれるので楽ですし、割引のプランもいろいろ付いて一見安く感じてしまうこともあります。

 

しかし格安SIMを利用すれば、それだけで月額使用料は下がりますし、今回のようなデータSIMのプランが用途に合えばさらにぐっと出費は抑えられます。

 

お子さんのスマホデビューは、データSIMと中古スマホで十分いけますよ\(^o^)/