ひげしげノート

おすすめレビュー・ブログ関連・健康関連の雑記ブログです。

【検討中の方必見】中古のスマホ購入で気を付ける5つのこと

f:id:higeshige:20190215181951j:plain

MVNOの格安SIMで子供のスマホ代を安くする計画ならスマホ自体も安く抑えたいですよね。(※MVNO:仮想移動体通信事業者)

 

僕がスマホを安く抑えて購入している方法は、中古のiPhoneをネットで購入です。

 

いままで自分の分も含めて中古を4台購入してきた経験から、購入時に気を付けておきたいことを5つに絞って紹介していきたいと思います。

 

MVNOが分からない方はこちらを参考にしてみてください。 

www.hs-note.com

 

 

中古スマホの◯◯回線に気をつけろ!

中古スマホのショップを見るとスマホの周りに必ず「docomo回線」や「au回線」、「softbank回線」と回線名が表示されています。

 

これは前の所有者がどこの回線で使っていたものなのかを示しています。

 

なぜ中古スマホには回線が表示されているのか?

ではなぜ回線名が表示されているのでしょうか?

 

それはMVNOの仕組みに関係があります。

 

MVNOは自前では回線を持たず、キャリアから間借りして営業しています

 

つまり各MVNOで使えるスマホは基本的に、間借りしている回線で使われていたスマホなのです。

 

中古で売られているスマホはキャリアやMVNOで再び使用されるのが前提です。

 

そういった理由から、中古スマホには必ず前に使われていた回線名の表示があるのです。

 

中古スマホの回線を間違えると使えない!

中古スマホを購入する前に調べるべきことは次の2つです。

  • 契約するMVNOはどこの回線が使えるか
  • 購入するスマホはどこの回線が使えるか

 

対応していない回線のスマホを買ってしまうと使えないという最悪の事態になってしまいます。

 

たとえば楽天モバイルは、docomo回線とau回線の2種類の回線が利用できます。(楽天モバイルがdocomoとauの回線を借りているということ。)

 

これはオンラインショップや実店舗で「docomo回線」と表示のあるスマホと、「au回線」と表示のあるスマホならそのまま楽天モバイルで利用できると言うことになります。

 

「softbank回線」と表示のあるスマホは利用できません。(SIMロックを解除したものであれば使えるものがあります。) 

 

mineoやLINEモバイルは「docomo」「au」「softbank」の3回線に対応しているので、どこの回線のスマホでも問題ありません。

 

契約しようとしているMVNOの回線と中古で購入しようとしているスマホの対応する回線は必ずチェックする必要があります。 

 

SIMフリーやSIMロック解除品はどの回線でも使えるわけではない!

中古スマホには「docomo回線」、「au回線」、「softbank回線」のもの以外に「SIMフリー」品と「SIMロック解除」品があります。

 

僕はSIMフリーやSIMロック解除のスマホを買えばどこの回線でも使えるのだと思っていました。

 

しかし、必ずしもそういうわけではないのです。

 

SIMフリーやSIMロック解除したスマホは、自分が契約しようとしているMVNOに対応しているものなのかどうか、確認する必要があるのです。

 

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

SIMフリーとSIMロック解除とは何か?小学生のスマホ代を安くするのに知っておきたいこと。 - ひげしげノート

 

SIMフリーやSIMロック解除スマホの注意点。通信方式・周波数帯を確認する。 - ひげしげノート

 

中古のスマホはSIMロック解除ができない! 

SIMロック解除をすれば回線に関係なく使えるようになるスマホがあります。

 

しかし現在のところ全ての中古スマホがロック解除が出来るわけではありません

 

中古で買った後でSIMロックを解除しようと思ってもできない場合があるので気をつけましょう。

 

確実なのは、所有者本人がキャリアと契約している間にWEBか店舗に持ち込んでSIMロック解除をしてもらう方法です。

 

親のお下がりや知り合いから譲り受ける場合などは事前に対応してもらっておいた方がいいですね。

 

ただし、ドコモは2019年の2月からすでに中古スマホのSIMロック解除のサービスを開始しています。

他のキャリアも2019年夏以降に順次対応する予定になっています。

 

粗悪な中古スマホを摑まされないために! 

粗悪なものを掴まされないようにするには、しっかりしたショップで購入するのがおすすめです。

 

とくに僕のような初心者は外側さえしっかりしていれば中身は心配ないだろうなんて思いがち。

 

実際は液晶画面やバッテリーが正規品ではないものに交換されていたり、支払いが終わっていないものが出回ってあとで通信会社によって使用を止められることも(赤ロム)あります。

 

保証がしっかりしているショップなら交換や返金に応じてもらえるので、購入前に保証があるか確認しておきましょう。

 

購入後に液晶画面やバッテリーが非正規品と判明したとしても返品・交換はできない事が多いようです。

 

気になる方はショップにしっかり確認するか、中古ではなくて未使用品や新品を購入することをおすすめします。

 

僕が中古スマホを購入して画面がおかしくて返品したお話はこちら。

中古iPhoneが非正規品パネルと判明!画面が青い!ゲームが反応しない! - ひげしげノート

 

こちらは購入後のバッテリー交換についてですが今から知っておいて損はありません。

中古iPhoneのバッテリー交換は慎重に! - ひげしげノート

 

最後に

中古のスマホは、気に入ったという理由だけで購入すると使えないということが起きてしまいます。

 

気をつけることがいくつかありますので初めての人には少しハードルが高いかもしれません。

 

でもこれを乗り越えれば年間で1人何万円も浮かせることができるかもしれないのです。

 

僕はこれからもこのスタイルで息子たちに展開していくつもりです。

4人もいますからね。。。